【台風】大和川(大阪・奈良)の水位上昇に伴い氾濫の危険性による避難指示が発令。10/23(月)深夜1時~2時頃に確認できる情報をまとめました。

※テレビは選挙特番ばかりでいつまで経っても報道されないので記事を作りました。
災害情報ページやTwitter上の情報をソースに取り急ぎまとめておりますので、誤った情報がありましたら申し訳御座いません。
無断で使用させて頂いているツイート等御座いますので、問題がありましたらご連絡ください。確認次第、すぐに対応させて頂きます。

大和川の現在の状況(10/23 01:00~02:00頃)

※避難指示発令有

大阪の避難勧告・避難指示一覧

奈良の避難勧告・避難指示一覧

大和川上流:氾濫が発生
大和川下流:氾濫危険水域(レベル4)に到達。氾濫の恐れあり

〇氾濫の場合、浸水想定地域(クリックでYahoo各詳細ページに飛べます)

台風の状況


府県気象情報(発表)

平成29年 台風第21号に関する大阪府気象情報
平成29年10月23日1時35分 大阪管区気象台発表

(見出し)
大阪府では、降り始めからの総降水量が300ミリを超え、広い範囲で地盤が緩んでいます。土砂災害、河川の増水や氾濫、暴風に厳重に警戒し、浸水害、高波に警戒してください。

(本文)
超大型で強い台風第21号は、23日0時には御前崎市の南南西約150キロにあって、1時間におよそ55キロの速さで北北東へ進んでいます。
中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。
台風は近畿地方から遠ざかりつつあり、大阪府では大雨のピークは越えましたが、これまでの大雨により広い範囲で地盤が緩んでいます。
引き続き土砂災害に厳重に警戒してください。

[雨の実況]
降り始めの10月20日21時から23日01時までの総降水量(アメダス速報値)は、主な所で、 熊取      335.0ミリ※ 河内長野    315.0ミリ※ 関西空港    274.0ミリ※ 堺市堺区    242.0ミリ※ 生駒山     224.0ミリ 八尾      209.5ミリ※ (※24時間降水量の観測史上1位の値を更新)
[雨の予想]
大阪府では、23日明け方にかけて局地的に雷を伴って激しい雨が降る見込みです。
23日に予想される1時間降水量は、多い所で、40ミリ
[防災事項]
23日01時30分現在、大阪府では土砂災害警戒情報の発表されている市町村があります。
また、氾濫危険情報を発表している河川もあります。
土砂災害、河川の増水や氾濫、暴風に厳重に警戒してください。
浸水害、高波に警戒してください。
また、竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[補足事項]
最新の台風情報や、気象台の発表する警報や注意報、竜巻注意情報、気象情報に留意してください。
次の「平成29年 台風第21号に関する大阪府気象情報」は、23日06時00分頃に発表する予定です。

大阪防災ネット

水位


ライブカメラ画像

↓住吉区遠里小野(大阪)の様子

↓大和郡山市板東(奈良)の様子

その他のライブカメラはこちらから

(現在アクセスが多く繋がりにくくなっています)

大和川の現在の画像・動画(Twitter)

画像


動画

大和川氾濫の危険性(画像)

大和川が通っている地域

大和川が氾濫した場合の危険性がわかる画像



大和川は高い場所にあるので、氾濫した場合は大和川より下部地域に流れ込む可能性が高いです。

これから明け方にかけて

大阪管区気象台発表(10/23 01時35分)によると、台風は既に近畿地方から遠ざかりつつあり、大雨のピークは過ぎている模様です。

ですが、明け方にかけて大雨が続く見込みですので、河川の氾濫にご注意ください。

また、雨による地盤の緩み等もあるそうなので、氾濫だけでなく土砂災害の可能性もありますのでお気を付けください。

※追記

記事作成に時間が掛かってしまい、作成終了後に水位を調べましたところ少し下がっていました

まだ氾濫危険水位は超過しているので注意は必要ですが、大雨のピークは過ぎたということでとりあえず一安心かもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    不安だったので情報ありがとうございます

  2. 匿名 より:

    水位下がってきてるみたいだね良かった良かった