【Appleが認めた】ios11にしたらiPhoneが異常に重くなる理由が判明!!「iosのアップデートで機能に制限をかけています」

ios11アップデート後、異常に重たいiPhone

ios11へのアップデート以降、iPhoneが異常に重たくなるという人がたくさんいらっしゃいます

アップデートした瞬間にアプリがカクカクする、全体的な動作が重い、アプリの切り替え等でもたつく等、本当に様々な症状が出ています

私のiPhone6も同様で、アップデートした瞬間から全体的に重たくなりました

それはもう音ゲーなんてまともにプレイできないぐらいに・・・

これ、実はAppleがわざとやってたそうなんです

Appleが認めた「iosのアップデートで機能に制限をかけています」

このiosアップデートによる端末の異常な重さ、実は日本だけで起こっている出来事ではありませんでした

世界的に同じような指摘があり、それを受けて「ベンチマークソフトGeekbench」が「Geekbench 4」によるiPhone6及びiPhone7でのiosアップデート前後のベンチマーク結果の統計を発表しました

それによると、なんとiosアップデートで端末の性能を落としていることが確実であると明らかになったようです

私としてもアップデート後に明らかに重たくなりましたし、絶対何かやってるだろ・・・って感じではありましたが、こうやって統計を画像で見せてもらえると顕著ですねー

Twitterなんかでもアップデート後に重たくなったと騒がれてましたし・・・

それで、この発表を受けたAppleは2017年12月20日に

「この内容が事実だ」

と正式に認めました

「バッテリーの劣化によって生じ得る予期せぬシャットダウンなどを防ぎユーザー体験を損ねないようにするため」

という理由でバッテリーの劣化したiPhoneに対してiosを通して性能を著しく落としていたようです

「明らかに新製品に買い替えさせるためにやってる」集団訴訟へ

Appleの声明に対し、当然ユーザーは納得できません

今回だって、たまたま気付いた人が多くて統計結果が発表される運びとなり、統計結果という疑う余地のない事実を突きつけられたAppleが白状したという形です

気付いたユーザーが少なければ今回のことをAppleは今まで通り知らぬ存ぜぬで通したに間違いありません

「古いiPhoneを使いづらくして、新商品のiPhoneを買わせたい」

そんな思惑が含まれていたであろうことは想像に難くありません

当然、ユーザーはそんな思惑に気付いています

そこで、Appleに対して損害賠償を求める集団訴訟がStefan Bogdanovich氏によってL.A.で起こされました

彼らは

「バッテリーの寿命を延ばすために旧式の携帯電話の動作を遅くするというAppleの声明は、決して契約前に知らされたものでなく、合意のない行いだ」

「Appleが最新のiPhoneを購入させるためにやっている、Appleの謀略だ」

として、損害賠償を求めています

これ、当然ですよね

バッテリーの経年劣化によって使いづらくなるのと、機能制限をかけて使いづらくさせることは決してイコールではありません

iosアップデート前に何の問題もなく使えていたのに、アップデート後には「バッテリー劣化によってiPhoneが予期しない不具合を発生させないために機能制限しました!」って言われても

今まで何の不具合もなく使えてましたやん!

ってそりゃなりますよ

不具合もない状況で機能制限される理由がないですからねー

不具合が生じて修理する、その段階でバッテリーの劣化が原因ならバッテリーを交換する、無理なら端末を買い替える

そこはユーザーの自由なんじゃないの?って思います

わざわざAppleが「ユーザビリティを損ねないため」って理由で機能制限かけることじゃないでしょって話ですよ

「ユーザビリティ損ねないためにユーザーの端末に不具合を起こす」

そりゃ納得できませんよねー

Apple(日本)の公式でも謝罪

この問題について、Appleの日本公式サイトでも謝罪文が掲載されています

2017年12月28日
iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと

https://www.apple.com/jp/iphone-battery-and-performance/

これによると

「Appleがバッテリー劣化でパフォーマンスを低下させてる問題について多くの誤解があるよー」

「Appleは買い替えを促すために端末の寿命を縮めたりユーザビリティを損ねるようなことはしてないよー」

「バッテリーは劣化品だから、劣化すると突然シャットダウンしちゃったりするんだよー。そんなユーザビリティを損ねることはAppleにはとても容認できないんだ」

「だからios10.2.1からそういう機能制限をつけたんだ!パフォーマンスを管理して予期せぬシャットダウンを予防しているんだ!」

「こうした変更にユーザーが気付くことは稀なんだけど、場合によっては重くなったりすることもあるかもね!」

「バッテリー劣化によって起こってることだから、バッテリー交換すれば直るよ」

「このパフォーマンス低下を言ってる人の多くは購入時のバッテリーのまんま使用してる人ばかりだよ」

「なんかAppleが悪いみたいに言われてるし、新製品を買わせるためにやってるとか言われてるから特別にバッテリー交換を安くやってあげる」

「保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円でやるよ!2018年12月まで全世界でやるよ!」

「iPhoneのバッテリーの状態をユーザーにわかりやすく示す新機能を持ったiOSのソフトウェアアップデートもするよ!自分でバッテリーが劣化してパフォーマンスが低下してるかどうかが見られるようにするよ!」

「今後もバッテリーの経年劣化に伴うパフォーマンスの管理と、予期しないシャットダウンを防ぐ対策の強化はやってくよ」

「Appleはユーザー第一だから信用してね」

らしいです

いやまぁちょっと恣意的な解釈になっちゃってますけど、大体こんな感じのこと言ってます

要約すると

「バッテリー劣化のせいでパフォーマンスが低下してるんだよAppleのせいじゃねー」

ですね

バッテリー交換で直るらしい

ということで、バッテリーの劣化具合で機能制限をかけてるみたいなんで、バッテリー交換さえすれば直るらしいです

Appleでも本来は8,800円かかるバッテリー交換を3,200円でできるようにしてくれるらしいので、iosアップデート後にパフォーマンスの低下を感じる方はバッテリー交換をした方がいいと思います

ですが、ここで一つ注意!

Apple公式でバッテリー交換すると1週間程度かかり、データが初期化されてしまいます

事前にバックアップをとって、データを全て保存しておくようにしてからバッテリー交換を依頼しましょう

また、バッテリー交換を依頼する方は非常に増えると思いますので、通常1週間程度の交換期間が更に長くなる可能性もありますので注意が必要ですね・・・

ちなみに私は半信半疑ながらも近場の非公式のiPhone修理ショップで試しにバッテリー交換してきました

交換してきてiPhoneのパフォーマンスがどうなったかはまた別の記事で書きますね

※追記

バッテリー交換をしてiPhoneがどうなったかを書きました!

【iPhone】ios11アップデートでバッテリー劣化による性能制限がかけられてるらしいので、非公式店で実際にバッテリー交換してみました!!
Appleが認めたiosアップデートによる性能制限 先日、こんな記事を公開させて頂きました これによるとAppleはiosア...

是非ご覧ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする